読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活支援ノウハウを社員教育/社内の仕組みつくり/クリエイティブ組織作りに活かす話

社会活動で行った就活支援で培ったノウハウを社員教育や若手社員が辞めない仕組み作りやクリエイティブ組織作りに活かした話

スターウォーズと新人教育

社員教育と組織作りキュレーション

スターウォーズ1~6を一気に見ました。
学生以来のことです。

 

この歳で見たせいか「社員教育」目線で、どーしても見えてしまいます。

 

【オビワン・ケノービの教育失敗】
オビワン・ケノービは、アナキン・スカイウォーカーの育成に失敗した。
ダース・ベイダーになってしまったから。。。

 

オビワン・ケノービは、正論を貫き通す教育をしていた。

 

結果、アナキン・スカイウォーカーは、愛と保守(守る姿勢)を優先したため、オビワンの正論に対立したため、隙を作り、暗黒面に心を塗られた。

 

これって、会社でもあることじゃないだろうか?

 

 

【マスター・ヨーダの教育条件】
マスター・ヨーダは、ルーク・スカイウォーカーからの
ジェダイ修行依頼を、最初は拒否していた。

 

「遅すぎだ」というのが理由。

 

つまり、ジェダイの思想を叩きこむのは、子供の「まっさら」な状態じゃないと無理。ということ。

 

社員教育って、本当に大変だということを示している。

 

結果、ルーク・スカイウォーカーは、
自身の中に憎しみが存在することを認め、だからこそ暗黒面に染まらなかった。

 

これが最適解なのだろうか?

 

 

正論ばかりだと、隙を作り、暗黒面に染まる。
一度染まると戻らない。
そう、白は黒になるが、黒は白にならないのだ。